2007年09月29日

さくっと抜歯

なんとも面倒くさいことに、私は親知らずが4本とも生えていて、
最初の1本は、隣の歯を圧迫するように生えてるとのことで学生時代に抜いた。

2本目は、それほど差し迫ってはいなかったんだけど、会社の歯科で抜いた。
(前の会社は、親会社の中に間借りしていたので、
 医務室だけでなく歯科もあり、しかも勤務中に診察してもらえた♪)

このとき、ちょうど妊娠が分かったばかりで、
この機会に抜かないと、子供に影響するので妊娠中も授乳中も行けないし、
更に、妊娠中は胎児にカルシウムを取られるので、歯が弱くなる!とも聞いていたので、
さっくりと抜歯。

そして、娘への授乳も終わり、
『検診と歯石のクリーニングに、そろそろ歯医者にも行きたいなぁ。』と思っていたら、
なんともタイミングよく?、甘〜いモノや冷た〜いモノを食べると、
キーン!と親知らずに沁みるようになってきた。

こうなったら、『次にまたいつ妊娠しちゃか分かんないし! ( ´艸`)』と思い、
娘をダンナに預けて、久しぶりに歯科へ!

「沁みるんで親知らず抜いて欲しいんですけど…。」とお願いしたら、
…あら、まぁ! 麻酔して、メキッと5秒くらいで抜歯完了。
すんごい、早いわぁ! (゚Д゚)

今まで、2本とも、根が曲がってるとかなんだかで、
歯を2,3個に切って抜いていたので、こんなに早く抜けるものだと思わなかった。

先生は医大から来てた人で、「こーゆーのはお任せください(笑)。」と言ってたけど。
…うんうん、さすがに混んでただけあるね! (・∀・)

ダンナも「オレも歯医者行きたいなぁ。」と行っていたし、
娘には虫歯予防のフッ素を塗布してもらいたいから、
しばらくは、家族そろって通院しようかな。

さ〜て、残るはあと1本。
しっかりと?虫歯だし、いつ抜こうかな〜?
posted by しゅうタロウ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 授乳 授乳(じゅにゅう)は、原則として母親が乳児に乳を飲ませること。母親の乳房から直接子供に飲ませる行為をさすことが多い。ヒトを含む哺乳類の特徴でもある。授乳の仕方母親は両手で赤ん坊を横抱きにし、乳首..
Weblog: 子供の遊び・文学いろいろ
Tracked: 2007-09-30 06:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。