2007年01月30日

冬の味覚旅行@

先月、温泉旅行大好きダンナが、
里帰り等で色々とお世話になった私の両親を旅行に招待しよう!と言ってきた。

もちろん、私にしてみれば、親孝行&孫孝行になるし、
なにしろ、ダンナがうちの両親と一緒に行ってくれるなんて嬉しい限りなので、
即、実家に電話し、都合の良い日を聞いて、スケジュール調整。

一方のダンナは、
「1月なら、カニかな〜、フグかな〜、牡蠣はオレがあまり好きじゃないし〜。
 カニなら、この宿なんだよね〜。 タグ付きのずわい蟹フルコース!
 フグなら、ここかな〜。 極上天然とらふぐフルコース!
 オマエんちは、どっちの方が喜ぶかな〜?」
と、宿選びに楽しそう。

うちの父は、以前にどちらも食べに行きたい、と言っていたのは知っていたけど、
母と祖母にも受けそうなのは、やっぱカニかな〜?と思い、
ダンナにそう伝えると、

「でも、オレとしては、フグが食べてみたいんだよね〜♪ ( ̄ー ̄)」
…じゃあ、最初から聞くなや。 (;´Д`)

明らかに、うちの両親をダシにして、
自分の旅行欲&食欲を満たそうとしているだけな気もするけど、
ダンナの心意気に免じて、フグに決定!

フグといえば、下関が有名だけど、
漁獲量No.1になったこともあるという愛知の三河湾にある、
ダンナおススメ旅館「和味の宿 角上楼」に行くことに!
…うちの実家(岐阜)から程近いし、娘の負担も少ないからね。

この旅館、もちろんフグ料理で有名なんだけど、
「天然とらふぐコース」と「極上天然とらふぐコース」があり、
ダンナは「絶対、極上! せっかく食べに行くんだし!」とうるさい。

「養殖と天然の違いも分からんのに、いきなり極上食べてどうするん?」
と、私が説得するものの、妥協しそうにないので、
「モノが違ったり、品数が増えるのであれば、極上!」とし、
旅館に違いを聞いてみると、扱うフグが大きくなるだけと言うので、
ダンナも渋々「天然とらふぐコース」に納得。

とはいえ、初めて食す「天然とらふぐ」に、
ダンナも私も、一ヶ月以上前からテンションアップ!
ついに、この週末、うちの家族(プラス毎度の事ながら姪も)を引き連れて行ってきた!

→つづく。
posted by しゅうタロウ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32421448

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。