2008年05月14日

飛騨高山旅行A

遅くなりましたが、飛騨高山旅行の続き…。


《5月2日》
いよいよ、私の今回の一番のお楽しみ!新穂高温泉『槍見館』へ!

お部屋は、離れの『霞』。

離れといっても、館内と廊下でキレイに繋がっているし、
もう一つの離れの部屋の入口と隣り合ってるので、よ〜く外を見ていないと気付かない。

…う〜ん、離れなんて泊まること滅多にないんだから、部屋の写真も撮ってくればよかったなぁ。
つい、義両親の手前、あまりカメラに集中することも出来ず…。 (;´∀`)

概観は蔵作りで、3階建て風。
入口は中2階にある感じで、階段を上がると洋寝室、下りると和室、更に下りていくと専用露天風呂。

なにせ、この旅館、客室15室に対して、
内風呂各1つ、露天風呂3つ(混浴2、女性専用1)、貸切風呂4つもあるんだから、
もちろん!私たちは早速風呂巡り♪

まずは、貸切風呂『森の湯』へ。

yarimi_mori
ブランコ、滑り台付きと、まさに子連れ客用のお風呂(笑)

私の記憶によると、数年前のTVチャンピオン(大工王かなんか?)で作られたもの。
もちろん、娘を早速遊ばせてみたけど、滑り台は結構傾斜角が急でビビり気味だった。 (;´▽`A``
ブランコも、さすがに普段の公園のよりは安定性に欠けるので、ビビり目(苦笑)。
…ま、秘かに?私も遊んでみたから、分かったんだけどね。 ( ̄∀ ̄)

続いて、お風呂のハシゴ(笑)で、女性専用露天風呂『岩見の湯』へ。

娘連れだし、連続なので、カラスの行水並みの早さで出てきたけど、
さすがに女性用なので、目隠しが高くて渓流は全然見えなくて、まさに『岩』見の湯だった。 (;´∀`)

そして、お待ちかね!夕食タ〜イム!

夕食は、食事処で、うちらは掘り炬燵風の個室へ。
(二人客は、広間みたいなトコロだった)

ちなみに、お品書きはなかったので、かなりうろ覚え…。
(なので、料理名もテキトーに勝手につけてます)

山菜の盛り合わせ 2人前(こごみ、野カンゾウ、葉山葵の海苔巻きetc.)
yarimi_dinner1.jpg
こごみのお浸し?みたいなモノがごま油の香りがして特に美味しかった。

食前酒:梅酒
湯剥きトマト、マスと飛騨牛の刺身etc.
yarimi_dinner2.jpg

ゴマ豆腐(確か…)
yarimi_dinner3.jpg

飛騨牛と朴葉味噌の瓦焼き 2人前
yarimi_dinner4.jpg
もう、見たまんま!
めっちゃ、美味しかった〜。 ( ´艸`)
飛騨牛は柔らかいし、自家製の朴葉味噌も美味しくて、お酒が進む〜!

岩魚の土瓶蒸し
yarimi_dinner5.jpg
岩魚の骨からダシをとってあるらしく、香りがよくて、これもめっちゃ美味しい〜! (^〜^)
…ただ、娘を食べさせている間に、燃料が切れて冷めてしまった。 orz

ヨモギの生麩と岩魚の塩焼き 4人前 
yarimi_dinner6.jpg
生麩はモチモチ。
岩魚の塩焼きと食べると、山奥の旅館に来たな〜て思うわ(笑)。

ふきのとうとタラの芽の天ぷら
yarimi_dinner7.jpg
「味が付いているので、そのままで。」と言われたんだけど、ん〜?
カリカリのサックサクな天ぷらなんだけど、
私的には、カリッフワ!が好みなので、イマイチ…。 (´・ω・`)
あと、ちょっと油っぽかったかな〜。

タケノコetc.の蒸し物?
yarimi_dinner8.jpg
ほんのり桜の香りが香ってた。やさしいお味。

岩魚のお茶漬け
yarimi_dinner9.jpg
すり潰した岩魚のお茶漬けということで、香り良し!
ただ、すでに満腹の私の口には、もっとはっきりした味の方が食べやすかった…。

シャーベット
yarimi_dinner10.jpg
…あ〜、なんのシャーベットだったか忘れた〜! 確か、柑橘系…。 (;´∀`)

夕食後は、再びお風呂タ〜イム!

まずは、貸切風呂『幡隆の湯』。
…ここも、目隠しが高くて眺望は望めず。

そして、部屋付きの専用露天風呂へ。

もう、部屋付きとは思えないほど広い! (ノ゚ο゚)ノ
10人でも入れそうなほど?

yarimi2
貧弱な体を晒して、ゴメンナサイ(ダンナよ)…。

そして、私たちが洋寝室、義両親が和室で就寝。
洋寝室のベッドはセミダブルのゆったりした広さなんだけど、
木製のどっしりしたベッドだったので、動かすことも出来ず、娘は私と同じベッドへ。

念のため、ベッドの間にソファーの大きなクッションを敷いておいたんだけど、
寝相の悪い娘は、見事に3,4回落っこちてた。 …哀れ。 (^▽^;)

朝は、もちろん!朝食前にもお風呂へ!
せっかく来たんだから、混浴だろうと、宿一番の眺望露天風呂『槍見の湯』に入ろう!と思ったら、
…ギャ〜! 娘のオムツにうんちがベットリ!(しかも、ゆるめ…) ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

せっかく誰もいなかったのに、泣く泣く諦め、急遽、内風呂へ。
…ま、内風呂からでも槍ヶ岳はキレイに見えたけどね。 (-。−;)

朝食は、同じ個室にて。
yarimi3
朴葉味噌、子鮎の干物、手作り豆腐、鯖の味噌汁etc.

どれも素朴ながら、ご飯がすすむ品々。
やはり朴葉味噌と、地元の味という鯖の味噌汁が物珍しいのもあって美味しかった。

朝食後は、ロビーにてサービス?のお餅付き☆
yarimi4
宿泊客も付くように勧められたので、もちろん!この日、唯一の子連れのダンナもペッタンコ!

付き終わったお餅は、きなこ餅とあんこ餅で美味しく頂き、残った分をお土産としても頂いてきた☆

そして、またまた!お風呂タ〜イム!

先ほど、悔し涙を飲んだ?『槍見の湯』にリベンジ!
ホント、雲一つないような快晴で、槍ヶ岳もくっきり見えて、素晴らしい眺望だったんだけど、
ナンテコッタイ! カメラを部屋に忘れてた〜!

もう、今回の旅行、一番の失態!
今、思い出しても、悔しい〜! (ノДT)

混浴といえども、宿泊客であれば、
風呂数が多いし、やはり夫婦orカップルの客が多いので、
他の人が入ってくることなんて、ほとんどないので、全然イケル! (゜∀゜)b

そして、やっと?チェックアウト。


今回、ぶっちゃけて言うと、離れ4人利用で、1人25,000円也。

普段の予算からすると、かな〜り高くて、
そうでなくても、普通の部屋なら1部屋4人利用で、1人16,000円くらいで泊まれると言われたので、実は悩んだ。
…だって、1万upよ?

が、いくらなんでも義両親と一緒に布団並べて寝られるか?と言われるとビミョーなトコロで、
ダンナも「着替え一つにも、お互い気を遣うからやめとけ。」と言われたので、
奮発して、離れに。

結果としては、やはり気兼ねなく過ごせたし、娘も義両親と遊ぶ時間が多くて良かった。
正直、部屋付き露天風呂はいらなかったんだけど(お風呂多いしね)、
この部屋の設備と料理の内容、サービスなどを鑑みれば、妥当な感じかな〜?


《5月3日》
旅館を出たあとは、こっそり?山菜狩り。

以前(と言っても6〜7年前?)、この辺りに来たときに、
偶然、タラの木がいっぱい生えてる場所を見つけたので、散歩がてら皆で探したんだけど、
やっぱり!わんさか生えてた!

が、時すでに遅く、もぎ取られているか、かなり大きくなってしまっているか…。
それでも、なんとか食べれそうな大きさのものを3個だけGet〜! (`・ω・´)

そして、平湯大滝を見て、帰り際、義父のリクエストにより諏訪大社に寄って帰ってきた。

今回、義両親とは初めての旅行だったんだけど、
あまり気疲れすることもなく、私自身もかなり楽しめて良かった♪

やはり、私が行きたかった旅館に泊まれる〜!ってトコロが良かったのかな〜?(笑)
ダンナにとっては親孝行だし、皆で楽しく出掛けたいもんね。

以前に、うちの両親と旅行に行ったときは、ダンナリクエストの旅館だったし、
これからも、お互いの両親と出掛ける時には、付き合う方が旅館を決めることにしようかな〜。 (^〜^)
posted by しゅうタロウ at 23:59| Comment(11) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。