2008年05月20日

主婦の目利き力U

毎週、火曜は買い物デー。

どこのスーパーも特売日だから、
晴れだろうと雨だろうと、主婦は買い物に行かねばならない! (`・ω・´)

そして、今日も雨が上がったのを確認し、娘を連れて、お買い物。

まずは、野菜コーナーで〜、
玉葱に、人参に、ホウレン草に、そして、キャベツ〜!と思ったら、キャベツの前に先客が。

まあ、特売日は混んでいるので当たり前といえば当たり前なんだけど…。

私は、基本的に、キャベツは半個買い。

うちの食卓では、ちょうど1週間で使い切れるサイズだし、
すでに袋詰めなので、外皮を捨てる手間もいらない。

そのキャベツ半個カットの前で、
両手に一つずつキャベツを持ちながら、どちらがおトク(重い)か悩んでいる主婦が。

まあ、私も必ずやる行為だし、
確かにその人が比べているキャベツはどちらも大きそうなので、
のんびりと待っていたんだけど、
…5秒待っても、10秒待っても、決まらない! (;゚Д゚)

…ええっ! フツー、スーパーの買い物一つにそんなに時間掛けて選ぶ!? ヾ( ̄0 ̄;ノ

タダでさえ、混んでいるというのに、私も同じ場所に長居するのは気が引け、
隣から手を伸ばして、大きそうなキャベツを取ろうとしたら、
先客、持っていたキャベツを両方持ったまま、カートでちょっと移動。

そして、首を捻りながら、両手を上げ下げして、まだ悩んでいる!

…ええ〜! どんだけ〜! ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

はっきり言って、手量りなんて、
first impressionでしか分からんやろ〜!

私も、買う際には、いくつも手に取って比べてしまう方だと思っていたけど、
やはり、世の中、上には上がいるもんだわ〜!
posted by しゅうタロウ at 23:02| Comment(30) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

主婦の目利き力!

ダンナの飲み会の迎えに行ったときのこと。

「(飲み屋の近くの)スーパーに来て。」というので、迎えに行くと、
ダンナが買い物袋を持って待っていた。

私「何? 食べ足りなかったの?」

ダ「…う〜ん、ちょっとね。
 半額になってた稲荷寿司と〜、つまみにキュウリの漬物と〜、
 それとさ〜、これは定価だったんだけど、つい!買っちゃったよ〜、ミニ大福! (´∀`)」
(ダンナは、あんこ系和菓子が大好き。)

ダ「やっぱ、甘いものも欲しくなっちゃうよね〜。
 で、これ、いくらだと思う!? (・∀・)」

私「…ん〜? ミニ大福の6個入り? …そ〜ね〜、180円くらい?」

ダ「わ! 凄い! これ、178円だよ!」

私「…フフン! ( ̄ー ̄)
 ま、そんなもんでしょ。 妥当な金額で。」

ダ「…うんうん! でも、そーゆー目利きって大事だよね! 主婦なら特にさ! (`・ω・´)」

私「…え? う、うん、そうね。 (;・∀・)」 
(まさか、素直に褒められるとは思ってもなかった。)

ダ「金銭感覚っていうか、コストパフォーマンスっていうかさ、
 やっぱり、買い物の機会が多い主婦なら、ある程度、モノの価値が判断出来ないと〜!」

…あはは〜、そうかもね〜。 (;´∀`)
一応、大抵の食材の底値くらいは、網羅してるつもりだけどね、
普段、絶対!に買わない大福系の価格までは知らんよ…?

てゆーか、コンビニで定価買いするような人に言われても説得力がない気がするんですけど…?
posted by しゅうタロウ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

飛騨高山旅行A

遅くなりましたが、飛騨高山旅行の続き…。


《5月2日》
いよいよ、私の今回の一番のお楽しみ!新穂高温泉『槍見館』へ!

お部屋は、離れの『霞』。

離れといっても、館内と廊下でキレイに繋がっているし、
もう一つの離れの部屋の入口と隣り合ってるので、よ〜く外を見ていないと気付かない。

…う〜ん、離れなんて泊まること滅多にないんだから、部屋の写真も撮ってくればよかったなぁ。
つい、義両親の手前、あまりカメラに集中することも出来ず…。 (;´∀`)

概観は蔵作りで、3階建て風。
入口は中2階にある感じで、階段を上がると洋寝室、下りると和室、更に下りていくと専用露天風呂。

なにせ、この旅館、客室15室に対して、
内風呂各1つ、露天風呂3つ(混浴2、女性専用1)、貸切風呂4つもあるんだから、
もちろん!私たちは早速風呂巡り♪

まずは、貸切風呂『森の湯』へ。

yarimi_mori
ブランコ、滑り台付きと、まさに子連れ客用のお風呂(笑)

私の記憶によると、数年前のTVチャンピオン(大工王かなんか?)で作られたもの。
もちろん、娘を早速遊ばせてみたけど、滑り台は結構傾斜角が急でビビり気味だった。 (;´▽`A``
ブランコも、さすがに普段の公園のよりは安定性に欠けるので、ビビり目(苦笑)。
…ま、秘かに?私も遊んでみたから、分かったんだけどね。 ( ̄∀ ̄)

続いて、お風呂のハシゴ(笑)で、女性専用露天風呂『岩見の湯』へ。

娘連れだし、連続なので、カラスの行水並みの早さで出てきたけど、
さすがに女性用なので、目隠しが高くて渓流は全然見えなくて、まさに『岩』見の湯だった。 (;´∀`)

そして、お待ちかね!夕食タ〜イム!

夕食は、食事処で、うちらは掘り炬燵風の個室へ。
(二人客は、広間みたいなトコロだった)

ちなみに、お品書きはなかったので、かなりうろ覚え…。
(なので、料理名もテキトーに勝手につけてます)

山菜の盛り合わせ 2人前(こごみ、野カンゾウ、葉山葵の海苔巻きetc.)
yarimi_dinner1.jpg
こごみのお浸し?みたいなモノがごま油の香りがして特に美味しかった。

食前酒:梅酒
湯剥きトマト、マスと飛騨牛の刺身etc.
yarimi_dinner2.jpg

ゴマ豆腐(確か…)
yarimi_dinner3.jpg

飛騨牛と朴葉味噌の瓦焼き 2人前
yarimi_dinner4.jpg
もう、見たまんま!
めっちゃ、美味しかった〜。 ( ´艸`)
飛騨牛は柔らかいし、自家製の朴葉味噌も美味しくて、お酒が進む〜!

岩魚の土瓶蒸し
yarimi_dinner5.jpg
岩魚の骨からダシをとってあるらしく、香りがよくて、これもめっちゃ美味しい〜! (^〜^)
…ただ、娘を食べさせている間に、燃料が切れて冷めてしまった。 orz

ヨモギの生麩と岩魚の塩焼き 4人前 
yarimi_dinner6.jpg
生麩はモチモチ。
岩魚の塩焼きと食べると、山奥の旅館に来たな〜て思うわ(笑)。

ふきのとうとタラの芽の天ぷら
yarimi_dinner7.jpg
「味が付いているので、そのままで。」と言われたんだけど、ん〜?
カリカリのサックサクな天ぷらなんだけど、
私的には、カリッフワ!が好みなので、イマイチ…。 (´・ω・`)
あと、ちょっと油っぽかったかな〜。

タケノコetc.の蒸し物?
yarimi_dinner8.jpg
ほんのり桜の香りが香ってた。やさしいお味。

岩魚のお茶漬け
yarimi_dinner9.jpg
すり潰した岩魚のお茶漬けということで、香り良し!
ただ、すでに満腹の私の口には、もっとはっきりした味の方が食べやすかった…。

シャーベット
yarimi_dinner10.jpg
…あ〜、なんのシャーベットだったか忘れた〜! 確か、柑橘系…。 (;´∀`)

夕食後は、再びお風呂タ〜イム!

まずは、貸切風呂『幡隆の湯』。
…ここも、目隠しが高くて眺望は望めず。

そして、部屋付きの専用露天風呂へ。

もう、部屋付きとは思えないほど広い! (ノ゚ο゚)ノ
10人でも入れそうなほど?

yarimi2
貧弱な体を晒して、ゴメンナサイ(ダンナよ)…。

そして、私たちが洋寝室、義両親が和室で就寝。
洋寝室のベッドはセミダブルのゆったりした広さなんだけど、
木製のどっしりしたベッドだったので、動かすことも出来ず、娘は私と同じベッドへ。

念のため、ベッドの間にソファーの大きなクッションを敷いておいたんだけど、
寝相の悪い娘は、見事に3,4回落っこちてた。 …哀れ。 (^▽^;)

朝は、もちろん!朝食前にもお風呂へ!
せっかく来たんだから、混浴だろうと、宿一番の眺望露天風呂『槍見の湯』に入ろう!と思ったら、
…ギャ〜! 娘のオムツにうんちがベットリ!(しかも、ゆるめ…) ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

せっかく誰もいなかったのに、泣く泣く諦め、急遽、内風呂へ。
…ま、内風呂からでも槍ヶ岳はキレイに見えたけどね。 (-。−;)

朝食は、同じ個室にて。
yarimi3
朴葉味噌、子鮎の干物、手作り豆腐、鯖の味噌汁etc.

どれも素朴ながら、ご飯がすすむ品々。
やはり朴葉味噌と、地元の味という鯖の味噌汁が物珍しいのもあって美味しかった。

朝食後は、ロビーにてサービス?のお餅付き☆
yarimi4
宿泊客も付くように勧められたので、もちろん!この日、唯一の子連れのダンナもペッタンコ!

付き終わったお餅は、きなこ餅とあんこ餅で美味しく頂き、残った分をお土産としても頂いてきた☆

そして、またまた!お風呂タ〜イム!

先ほど、悔し涙を飲んだ?『槍見の湯』にリベンジ!
ホント、雲一つないような快晴で、槍ヶ岳もくっきり見えて、素晴らしい眺望だったんだけど、
ナンテコッタイ! カメラを部屋に忘れてた〜!

もう、今回の旅行、一番の失態!
今、思い出しても、悔しい〜! (ノДT)

混浴といえども、宿泊客であれば、
風呂数が多いし、やはり夫婦orカップルの客が多いので、
他の人が入ってくることなんて、ほとんどないので、全然イケル! (゜∀゜)b

そして、やっと?チェックアウト。


今回、ぶっちゃけて言うと、離れ4人利用で、1人25,000円也。

普段の予算からすると、かな〜り高くて、
そうでなくても、普通の部屋なら1部屋4人利用で、1人16,000円くらいで泊まれると言われたので、実は悩んだ。
…だって、1万upよ?

が、いくらなんでも義両親と一緒に布団並べて寝られるか?と言われるとビミョーなトコロで、
ダンナも「着替え一つにも、お互い気を遣うからやめとけ。」と言われたので、
奮発して、離れに。

結果としては、やはり気兼ねなく過ごせたし、娘も義両親と遊ぶ時間が多くて良かった。
正直、部屋付き露天風呂はいらなかったんだけど(お風呂多いしね)、
この部屋の設備と料理の内容、サービスなどを鑑みれば、妥当な感じかな〜?


《5月3日》
旅館を出たあとは、こっそり?山菜狩り。

以前(と言っても6〜7年前?)、この辺りに来たときに、
偶然、タラの木がいっぱい生えてる場所を見つけたので、散歩がてら皆で探したんだけど、
やっぱり!わんさか生えてた!

が、時すでに遅く、もぎ取られているか、かなり大きくなってしまっているか…。
それでも、なんとか食べれそうな大きさのものを3個だけGet〜! (`・ω・´)

そして、平湯大滝を見て、帰り際、義父のリクエストにより諏訪大社に寄って帰ってきた。

今回、義両親とは初めての旅行だったんだけど、
あまり気疲れすることもなく、私自身もかなり楽しめて良かった♪

やはり、私が行きたかった旅館に泊まれる〜!ってトコロが良かったのかな〜?(笑)
ダンナにとっては親孝行だし、皆で楽しく出掛けたいもんね。

以前に、うちの両親と旅行に行ったときは、ダンナリクエストの旅館だったし、
これからも、お互いの両親と出掛ける時には、付き合う方が旅館を決めることにしようかな〜。 (^〜^)
posted by しゅうタロウ at 23:59| Comment(11) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

飛騨高山旅行@

告知?通り、1〜3日に義両親と共に飛騨高山&白川郷に行ってきた。

《5月1日》

11時半頃、義両親が地元の駅に到着。
そのまま駅ビルで昼食を済まし、高山に向けて出発!

15時頃、高山到着。
まずは、高山陣屋(旧役所)で皆を降ろし、私は一人でホテルにチェックイン。
…陣屋は、何度も行ってるからね〜、今回はいいかなって思って。 (;´∀`)

そして、陣屋前で皆と合流し、古い町並みの『さんまち』をぶらぶらと散策。

takayama1.jpg
娘「…あら? 母ちゃん、何、撮ってんの?」

手焼きせんべいを食べ〜の(ダンナが焼きたての匂いに釣られてた)、
地酒を飲み〜の(義父&ダンナでコップ買い?してた)、
高山名物の醤油味のみたらしだんごを食べ〜の(これは外せない〜!)、
さるぼぼのストラップを買い〜の(もちろん、自分用)、
さくさくの塩せんべいを買い〜の(いつも買ってしまうんだけど、試食で娘も気に入ったよう♪)、
竹細工屋?で、古くなった箸を2膳買い〜の、と、さんまち満喫☆

で、一旦、ホテルに戻り、休憩。

ホテルは、完全に安く!抑えたので、はっきり言うと、ビジネスホテル。
朝食付きなので、夕食は軽く呑みに行こう!ってことで、郷土料理も食べられる居酒屋へ。

ダンナは、せっかくだし、義両親に飛騨牛の刺身やらお寿司やら食べさせてあげたくて頼んでたけど、
…それほどの反応もなく、いつのまにやら私の胃袋へ。 ( ´艸`)

まあ、タダでさえ、生肉は好みがあるからね〜。 (;´∀`)

そして、いつのまにか、「〆に高山ラーメン食べる?」という話になり、
「いや〜、俺はいいよ〜。」と言う義父と、
「…う〜ん、私、ムリかもなぁ?」と言う私を尻目に、
近くにあった『つづみそば』に行き、ダンナ、サクッと中華そば4つオーダー。

魚介のあっさりした醤油スープと細めのちぢれ麺で、
…あらら? チュルッとあっという間に4人ともキレイに完食。

あはは〜、私には〆のラーメン用の別腹があったのかしら〜? (;´∀`)

で、この時点で、まだ19時過ぎ!だったけど、
満腹になったことだし、ホテルに戻って、当たり前だけど狭い風呂に入り、就寝〜。

が! 固いベッドが気に入らないのか、空調が暑苦しいのか、
娘に何度も起こされ、寝不足気味…。 orz


《5月2日》

朝は、7時に朝食、7時半には朝市を見に行こう!(なんて健康的は生活…)と約束していたのだけど、
あっさりと娘に6時頃起こされ、ヒマヒマなので、仕方なく、娘を連れて朝の散歩へ。

ホテルのすぐそばの飛騨国分寺をぶらぶらし、ホテルに戻って、朝食を食べたのち、宮川朝市へ。

主に、手作りのお餅や漬物、採れたて?の山菜などが売られていて、
『確かに安いけどな〜、そんなに食べないしな〜、明日まで動き回るしな〜。』
ってことで、特に何も買わず。

そして、ホテルに戻って、チェックアウトした後、いざ、白川郷へ!

途中、今頃が見頃だという荘川桜に立ち寄るも、ちょっと散りかけ…。

takayama2.jpg
↑では、満開に見えるね〜。 まあ、充分、キレイだったけど。

で、白川郷に着いたら、村営?の駐車場に車を停め、ぶらぶらと散策。

高山から白川郷に向かうまで、結構な交通量だったので、
「やっぱり混んでるな〜!」と思っていたんだけど、いざ着いてみると、そうでもなく。

代わりに、近隣諸国の団体客がい〜っぱいいた。
…近頃は、どこに行っても多いよね〜、金持ってんね〜!(←て、それは日本人も!?)

で、昼食は空いてそうなお店でお蕎麦を食べ、
合掌造りの内部を見学できる和田家、岩瀬家を見学し、
娘と私のおやつ☆五平餅を食べ(でも、イマイチだった〜!残念!)、
どぶろく祭りの館を見学して、お神酒のどぶろくを頂いてきた。
(もちろん、私はドライバーなのでナシ。)

そして、最後に白川郷が一望できる萩町城跡の展望台に移動。

takayama3.jpg
ここが、よく見る撮影場所だったのか〜!(今回、初めて行った)

で、いよいよ、今回の旅行の(私的に)メイン!新穂高温泉『槍見館』へ!
さすがに、長くなるので、次回に続きま〜す。 (*^ー^)ノ
posted by しゅうタロウ at 14:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。